読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

人口増

小論
デービッド・アトキンソン(元アナリスト,現在寺社仏閣の建設、工事の小西美術工藝社社長)が、日本の経済復興の要因は「爆発的な人口増」によると言ってます。高い技術力と勤勉による生産性数値は他国と横ならびだったと。だから人口8000万のドイツを1億3000万の日本が追い抜いたわけ。人口増は大きな市場を持つということ。
中国は13億の人口でGDPは世界2位となった。そして少子高齢化対策を理由に一人っ子政策を廃止し、第2子を全ての夫婦に認める決定をした。そして、12億7000万のインドや2億5000万のインドネシアなど、人口増は経済成長の主因となるだろう。
安倍内閣の新3本の矢に、「人口1億の維持」があり、「出来ない」とか「現実的ではない」との意見を言う知識人もいる。が、批判や否定をする事より、どうやって達成するかを考え実践をしなければならないと思う。何故なら上記の通り、経済や国防上における人口問題は大きなファクターがある。
ただし世界中で協議しなければならない事は、人口増に伴う食料不足や高騰対策、過剰エネルギーから発生する環境負荷を低減する事である。以前、環境問題をテーマにCOP会議の席上、発展途上国から「自分たちも先進国と同じ様な生活をする権利がある」と発言。更に「現在の地球を汚した責任は先進国にある」とも言う。
エネルギーの効率活用などサイエンスの進化と並行して、「もったいない」やsimple lifeなど心の豊かさへの原点回帰も、人類の知恵として未来を守ることになるだろう。