読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

総理大臣表彰を受賞して

小論 日記

f:id:markdadao:20160606210300j:image

富岡青年会議所内閣総理大臣表彰を受賞した。理由は永年富岡製糸場の維持管理に務め、世界遺産登録に寄与したということ。具体的には富岡製糸場内で市内の小学生を対象に赤レンガ写生大会と、20数年にわたるイベント「ザ・シルクデー」の継続開催による貢献。もっとも、世界遺産登録前の重要文化財の指定を受けてから構内でのイベントはできなくなった。

その後は時代とともに低調となってきた「七夕祭り」と「盆踊り」をシルクデーに融合させ、「富岡夏まつり」と名称を変え富岡青年会議所のメンバーが事務局やイベントの下支えとして活躍をしている。

その現役メンバーの設営で、6月2日ホテルアミューズ富岡で多数のOBが集まり、来賓は市長のみという、ささやかな総理大臣表彰記念祝賀会を開催。ちょうど30年前に始めたシルクデーの関係者も久しぶりの参加で、思い出談義に花を咲かせた。

当時始めた頃は、世界遺産登録など思いもよらなかった。多くの人へ「官営富岡製糸場」の日本産業発祥の価値を知ってもらい、保存と利活用を願っていた。そのイベントの積み重ねや片倉工業の丁寧な維持管理のおかげで、多くの共感と地域活性化の手段として、思いがけない方向へと進んでいったのだろう。

総理大臣表彰もこの祝賀会も、価値の共有により人が動いたわけである。当時30代だった青年たちの情熱が多くの人を動かしたと思えば、彼ら(もちろん自分も含め)の人生にとってかけがえのない思い出を作った事になる。

世界遺産登録の意義は理解できるのだが、僕にとってこの「人生でのかけがえのない思い出」の方が大事に思えてならない。

 

markdadao.hatenablog.com

 

 

markdadao.hatenablog.com