読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

3月27日、日曜日の日記

金曜日に東京から発送したゆうパックが長野へ誤配され、月曜日の配達との事。しかし同県の軽井沢郵便局なら、今日の午後2時には受取りが出来るとのこと。

それを理由に日曜日の軽井沢へ向かう事になった。昼過ぎの高速道路や軽井沢市内も順調であった。まずは、追分の蕎麦屋へ行き、待つことなく席に着けた。いつものザルと天ぷらを頼む。ツユは濃い口のため、半分ほどつけてすする。ここは信州のスキー帰りによく立ち寄り、かれこれ40年ほど年月が経つが味は変わらない。世代が変われど、秘伝のタレは受け継がれているのだろう。
そして、またいつものスーパーツルヤへ立ち寄る。シーズンでもないのに、ここはいつも賑わっている。品数と新鮮さに加え、商品の選定に差別化を図っているのか?自分のお目当は、濡れても破れない紙製の水切りである。台所のシンクにおいて、野菜クズなどを入れ、ほどほどになったら口をたたみ、シンクに押し付け水を切り燃えるゴミで出す。
中軽井沢を抜け旧軽の側道を上がり、油屋旅館から下って郵便局の駐車場へ入れる。ようやく小包を手に入れ、歩行者天国状態の旧軽道を地元の軽トラの後について抜け出す。車中の温度は上がり喉が渇いている。軽井沢駅近くの茜屋珈琲店で喉を潤す。ここも昔からやっており、一人で来る常連さんが多い。
高速を使わずバイパスを下る事とした。旧料金所を過ぎて、すぐ左手のガードレール辺りに、先月のスキー バスの事故現場にいくつもの献花を見る。順調に下りきったところに坂本宿がある。2年前の火災以降、ようやく新装開店した「峠の湯」へ立ち寄る。レイアウトは以前と同じだが明るくなった。他県ナンバーの子供連れも多く賑わっていた。
郵便局のEMSの事故頻度は、中国向けに多いが、日本国内でも誤配送が起こる事を体験した。しかし、嫌な事も考えかたを変えて行動すれば、今日のような充実した日曜日が送れる。逆に誤送された事がラッキーであったと思えるくらいだ。