markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

「50歳からは炭水化物をやめなさい」を読んで

 

50歳からは炭水化物をやめなさい (だいわ文庫)

50歳からは炭水化物をやめなさい (だいわ文庫)

 

 久しぶりで本屋へ寄る。欲しいものを手に入れレジに向かう途中、このタイトルが目に入る。「ご飯やパンをやめろ」という事か! 「病まない•ボケない•老いない腸健康法」というサブタイトルが効いてしまった。

内容は長寿の根拠となる「テロメア」、50歳以上は「ミトコンドリアエンジン」による持続力に優れたエネルギー源とその食生活、「長寿遺伝子」のスイッチ、最後に免疫力を高めるための「腸内細菌」の4項目から成り立っている。「テロメア」や、50歳分岐による「ミトコンドリアエンジン」は新しい医学の見識であろう。これらを理論整然と説き、またグラフや表が補説している。以下に4項目のポイントを記す。

 

日本は世界の有数な長寿国であり、100歳以上が6万人を超えるが、約550万人が介護を受けているとのこと。しかし人間には100歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっている。その理由は「テロメア」という、染色体の末端にある構造体の長さで、人の寿命を決定づけるとのこと。このテロメアは誕生時には約1万塩基対あるが、1年平均50塩基対づつ短くなり、これが約5000塩基対まで短縮すると細胞の寿命がつき「死」を意味することとなる。これは病気などで更に短縮する。従ってこの「テロメア」の短縮から守ることが健康で寿命を伸ばすこととなる。具体例として活性化酸素の働きを抑制する抗酸化力ある食品「フィトケミカル」(ネギやニンンクをはじめとする植物の持つ独特の色素・香り・辛味・苦味の成分)を摂取することやストレスを減らすことで、活性化酸素の害を激減させることができる。

 

人体は「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」の2種類(メインとサブ)があり、50歳前後を境にメインが入れ替わるとのこと。これに対応しないと活性酸素が増加し病気や加齢を誘発する。若い時は炭水化物(白米、パン、うどんなど)や糖質などが解糖エンジンを瞬間的に働かせるが、50歳以上はミトコンドリアエンジンがメインとなり、それは酸素を主燃料とするので、もし炭水化物を多く摂取すると大量に取り込んだ酸素が活性酸素に変わり、全ての細胞を酸化させ、傷つけます。そして病気となる細胞を増加させることが老化に繋がるということだそうです。従って50歳以上になれば糖質が多く含まれている主食を取らず、魚や肉(週4回まで)、豆や野菜、海藻などが良いとのこと。

 

長寿遺伝子のスイッチは50歳を過ぎないと入らず、方法はカロリー制限と運動だそうです。要は加齢に伴い長寿遺伝子が働かなければならない状況下になった時がスイッチの入るタイミング。カロリー制限は主食と間食をなくすことで可能。その上で身体を温める工夫と深呼吸を行えば「ミトコンドリアエンジン」の働きが活性化する。運動は有酸素運動であるが、過度の運動は身体に負担をかけ、活性化酸素によって肌老化が進む。

 

「感染の防衛」「健康の維持」「老化・病気の予防」は免疫の働きで、その免疫力の7割は腸で決まるとのこと。そのおなかに棲む腸内細菌は活性化酸素を抑える最高の微生物だそうです。腸内細菌を増やし、理想の腸内フローラ(腸内細菌が集合体をつくって生息している腸管)を築くには、植物繊維をしっかり摂ることです。具体的には海藻類、全粒穀物や豆類、また、ごぼう、エシャロット、にんにく、アボガド、果物類、納豆、オクラ、モロヘイヤ、里芋などネバネバ食品。

 

 

水あたり

f:id:markdadao:20171116181536j:plain

 またしても「水あたり」をベトナムでやってしまった。中国やフィリピンでも辛い目に遭っているのに、まったく学習効果がない。若ければ抵抗力もあり心配いらないのだが、歳を取ると気をつけなければならない。

今回は早朝からの長時間フライトと、蒸し暑い中、到着直後からの現地視察で、夕食前にはサッパリしたいという思いで、送り出し会社の役員とサウナへ行った。

機内の不味い昼飯で箸が進まず、サウナに入る前におかゆを食す。健康に良いと緑の葉をジューサー(下図)で溶いた、味も葉っぱそのものの不味い飲み物に口をつける。彼はゴクゴク飲んでいる。ペットボトル以外の冷たい飲み物は危ないと思いそれ以上には口をつけなかった。

ひと段落して2階のサウナへ向かう。更衣室で裸になりロッカーに鍵をかけ簡易なパンツをとタオルを渡される。シャワールームに行きパンツを脱ぎ身体を洗い始める。ふと周囲を見回すと、皆パンツのままシャワーしている。濡れたままでパンツを穿き、一人が入るにやっとな樽桶に入る。中はぬるめの薬草湯で身体に良いとのこと。しばらくすると汗が出てきた。それに合わせるように先ほどの不味い葉っぱの飲み物を渡される。つい、ごくっとやってしまった。

f:id:markdadao:20171116175858j:plain

次に、足が伸ばせるジャグジー付きのバスタブに入る。しばらくしてからミストサウナへ通される。息苦しくなったので出ると、次はドライサウナ。いい加減ふらふらしてきたので出て、またシャワーで汗を流し、新しいパンツに履き替える。次は冷え冷えとしたマッサージ室に入り、驚くほど握力のあるマッサージ師と痛みと睡魔の狭間の中で、身体は冷えてゆく。最後に温めた石をタオルで巻いたものを身体中に当てられホッとする。(少しだけ洒落)

その晩から下痢が始まり嘔吐。辛いが自分で蒔いた種。夕食を抜き白湯だけ飲み続ける。点滴代わりにスポーツドリンクを頼んだが、栄養ドリンクしかない。近所にはコンビニもなく、韓国人が経営している日本食屋もスポーツドリンクは置いてない。翌日、大きなスーパーマーケットでポカリスエットを手に入れた。海外旅行では正露丸は必ず持参したのだが、こういう時は服用しても全て吐いてしまう。

 

markdadao.hatenablog.com

 

中国での水あたりの経験から、脱水症状にならないため白湯を飲み、バスタオルを首に巻き身体を温めて汗をかき、体内に入った細菌やウイルスを排出することに専念した。「動物だって調子が悪いときはうずくまって身体の中の抗体が治す」、といつかラジオで山下達郎が言っていたのを思い出す。

翌朝まだ下痢は止まらなかったが、トースト1枚を食べ打ち合わせに出向くことが出来た。そして帰りの空港でベトナム名物のフォーを少し口にした。そんなわけで旅行中は寝ていることが多く、身体を充分休めることができ、寒い日本に戻っていつもは風邪気味になるのだがいまだに調子が良い。(ちょっと強がり)

反省は、水以外の飲み物でも目の前でペットボトルの水を入れなければ要注意。食べ物も死んだ細菌が入っていて下痢したこともあり、日本人が多くいるような店で食事をする。氷は当然危ない、野菜や果物の水洗いしたものや、皿が濡れているのも気を付ける。中国で香港人は濡れた皿を拭いていた。ペットボトルの水も現地では輸入品が良い。昔、タイでペットボトルの水をパッキングしたのを目撃し、現地の水は飲まないようにしているのだが、安いので現地の方々が用意してくれるので断り切れないのが現状。「正露丸」信仰を改めて、ケースバイケースで予備として梅干しを持参する。殺菌ウエットティッシュで現地の方々に気づかれずこっそり拭き、点滴代わりに粉末ポカリスエットを白湯で溶かし飲む。

団塊世代は雑菌の中で幼少時代を過ごしているから、このような環境下でも抵抗力は多少あるのだが、若い世代はクリーンな日本から発展途上国へ行けば餌食となろう。

 

 

 

世界遺産のある官営富岡製糸場の町でライブ

f:id:markdadao:20171125185759j:plain

昨晩、富岡銀座通りにあるカフェラウンジ・ココでオールディーズライブが開催された。私たちが住む地方の街では気軽にライブが楽しめる場所が少ない。プロによって手を加えられたレコーディングは音楽としての完成度は高いが、ライブのようなスリリングなハプニングはない。ライブは客席とステージの一体感により、想定以上の効果が生まれる。

続きを読む

ベトナム・ハノイ出張

 

f:id:markdadao:20171117145131j:plain

急遽ベトナムハノイ行きが決まり、外国人技能実習生の送り出し会社と打ち合わせの為に渡航。スタッフや現地会社によってやりくりをしていただいたが、帰路はダナン経由となる。

中国人の技能実習生を行なっていた多くの組合は、質の低下などを理由にベトナムへシフトしている。成田空港のチェックインでも、都内の組合が実習生帰国に付き添いに来ていた。しかし13億の中国から1億弱のベトナムへ実習生を求め、多くの日本人が押し寄せることで将来を危ぶむ声もある。平均年齢31歳で、25〜29歳の若者が多く三角形の人口ピラミッドを作っている。フィリピン同様、若年生産労働者が多く将来が嘱望されている。

ベトナム社会主義であるが、ドイモイ政策が成熟し資本主義経済を取り入れ、株式制度が推奨されているようだ。国家が後押しをして先進国へ技能実習生を派遣し、帰国後の彼らの技能を国家発展の為に役立てようと考えているとの事。

続きを読む

「ナショナリズムの正体」を読んで

f:id:markdadao:20171112201637j:plain

ここへ来て緊張が高まる日本の外交、そして伏線となるような憲法改正の機運。時の勢いに流されるのではなく、何か時代を見据える判断基準を持ちたいと思っていた。いっとき世界はグローバリズムの波に覆われ、いまだ日本は外国人観光客の増加を見込んでいる。しかし、世界の政治、特に欧米のナショナリズムの台頭を、日本にいると肌で理解するには正直難しい。

そこで、昭和史研究では第一人者の半藤一利氏と保坂正康氏の対談形式による「ナショナリズムの正体」を読んでみた。以下に抜粋し、参考にしたい。

 

続きを読む

大きな目的もなく、ただあっちこっち

f:id:markdadao:20171028133051j:plain

四季の替わり毎に軽井沢を訪れている。理由は単純、スーパーマーケットつるやへ防水紙でできている水切り袋を買い求めるためである。多くまとめ買いをすると、困る人もいると思い3、4束にしているのだが3ヶ月ほどしかもたない。でもそれを口実に追分にある蕎麦屋でざるを食べるのが嬉しい。数えると50年近く通っており、打ち手の親父も世代交代しているだろうが、ツユの幾分甘く濃いのは昔のままだ。

続きを読む

「道徳と資本」を読んで

f:id:markdadao:20171104143137j:plain

半田 メーカーで有名な千住金属工業の会長、東京東RCで会長、そしてガバナーを歴任された故佐藤千壽氏の小冊子を読んだ。冒頭に「この冊子はロータリーの会合の講話執筆したものだが、中心課題は人間不在の市場経済批判であり、ロータリアン以外の一般の方々にも耳を傾けていただきたい」とのこと。

以下に感じたことを抜粋する。

 

職業奉仕とは寄付や政治献金ではなく、本業運営の基本精神。第1に考えるべき基本精神は①労使関係、②売手、買手双方における取引関係、③同業者関係、④自社製品(又は取扱商品)が及ぼす社会的責任。

 

職業人が住み良い世界を作るために一役を買おう、などと務める必要はない。そんなことをするより、社員の心に灯火を点じ、希望と活力をいかにしてかき立てるか、その方策を探求するのが、常識的なより良い奉仕の道である。(ポール・ハリス)

 

続きを読む

日大二校1年F組

f:id:markdadao:20170930153143j:image

表通りから一筋入った居酒屋風小料理屋の相席座敷で、隣席の若い男女たちへ「ことわり」をいれてるじいさんがいる。

「俺たちは約10年ぶりでクラス会やっているので、少々うるさいが勘弁してくれ。」とか、官僚出身の気配りYG君。そんなことお構えなしのOT君が口角泡をで、福島から新幹線でやってきたSE君に自論をぶちまけている。

定年退職し、今は近所の小学校で用務員をやっている幹事のON君は、今朝早く上海から戻ってきたKM君と意気投合し、「来年は上海でクラス会やろう!」とみんなの話しを止めてアッピール。

実家に戻り、案内状を見ていないKM君を電話で呼び出し、みんなから面影が無いと攻め立てられる。自由になった彼は半年前からウッドベースを始め、ジャズのウオーキングベースを弾きたいと言う。

歯科医のKD君は遅れてきたAK君に「君たちは自分たちだけで、女子部と合同同窓会をやったそうだな」と詰問する。じいさんとばあさんの同窓会では同調者もなく、話は断ち切れとなる。その隣で静かに飲んでいる地元のFD君は、今日の設営場所の提案者でこの「寿栄広」は馴染みなそうだ。三鷹駅北口の横河電機裏にある店は、新鮮なネタのわりにリーズナブルな値段で人気がある。店内の広さを見ると、予約をした方が良さそうだ。

生牡蠣、プリプリなボタン海老、ぶつ切りにし油の乗ったトロ、イカ、名産のタケノコ、里芋、黒豆、味付けされた絶品なシシャモなど。最後にチーズがたっぷり乗ったオジヤをかき混ぜ、小ぶりの茶碗でいただく。唯一下戸な私はお新香をちょいと乗せ、お代わりをするほど旨い。

続きを読む

Marshall JTM45のうんちく  その2

f:id:markdadao:20151018093600j:plain

 写真はJTM45の音の再現を試みたアンプ(技術アドバイザー製)と電源トランス・出力トランス・チョークトランス(アテネ電機製) 

 

 

英・米の電圧の話をしておきます

ギターアンプなどに利用する一般的な電圧は、イギリスが240V、アメリカは120V、日本は100vですね(他の多くの国では220vあるいは110vというのが最も多いのですが)。

イギリスは高電圧/小電流、アメリカは低電圧/大電流であり、アンプに使用される電源ケーブルもイギリスは細め、アメリカでは太めとなります。アメリカの最もちっちゃなでアンプ「チャンプ」(出力5W弱)のケーブルの方が、マーシャルの100Wアンプより太いケーブルだったりします。もちろん、一次側フューズの定格アンペアは同じアンプでも使う国により違ってくるので注意しなければなりません。

続きを読む

Marshall JTM45のうんちく  その1

f:id:markdadao:20170919122240j:plain

 写真The Whoの左の横並びのマーシャルキャビネットとJTM45、右のPetaの2段重ねのマーシャルキャビネットFender Bassman(出典:

The Marshall 'Stack' | Pete Townshend’s Guitar Gear | Whotabs

以前、JTM45の概要を「Marshall Ampのトランスの歴史」でも記載しましたが、弊社技術アドバイザーよりもう一度おさらいをさせていただきます。

markdadao.hatenablog.com

そもそもJTM45のネーミングですが、Jはジム・マーシャル本人、Tは一緒に店で働いてくれている息子のテリー・マーシャルの頭文字、つまりJIM&TERRY/Marshall・・・それと45は45wアンプという意味でつけられたと言われています。彼らの店は若い、あまり金のないミュージシャンの卵達が入り浸っていたそうです。もともとジムはドラマーで、ドラム教室をやり、息子のテリーも10代の頃よりそこそこの人気バンドでサックスを吹いていたそうです。金には困らない、主にジャズミュージシャン達は同じロンドンでもジムの店ではなく、もっと高級な楽器店に出入りしていたとされます。当時のイギリスでは気の利いたベースアンプは無く、輸入物のフェンダーはかなり高額で若者には手が出なかったとか、、、そこで貧乏な若手ベースマンは、間に合わせの真空管アンプを手作りしたり、オーディオアンプを流用していたとのことです。ただしスピーカーキャビネットは適当なものがなく、ジムは彼らのために12インチ4発の、結構ごつくて立派な、とても良質なキャビネットを製作しました。これがかなり評判となり注文が殺到し、本格的にスピーカーキャビネットを作り始めたのです。

続きを読む