markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

日大二校1年F組

f:id:markdadao:20170930153143j:image

表通りから一筋入った居酒屋風小料理屋の相席座敷で、隣席の若い男女たちへ「ことわり」をいれてるじいさんがいる。

「俺たちは約10年ぶりでクラス会やっているので、少々うるさいが勘弁してくれ。」とか、官僚出身の気配りYG君。そんなことお構えなしのOT君が口角泡をで、福島から新幹線でやってきたSE君に自論をぶちまけている。

定年退職し、今は近所の小学校で用務員をやっている幹事のON君は、今朝早く上海から戻ってきたKM君と意気投合し、「来年は上海でクラス会やろう!」とみんなの話しを止めてアッピール。

実家に戻り、案内状を見ていないKM君を電話で呼び出し、みんなから面影が無いと攻め立てられる。自由になった彼は半年前からウッドベースを始め、ジャズのウオーキングベースを弾きたいと言う。

歯科医のKD君は遅れてきたAK君に「君たちは自分たちだけで、女子部と合同同窓会をやったそうだな」と詰問する。じいさんとばあさんの同窓会では同調者もなく、話は断ち切れとなる。その隣で静かに飲んでいる地元のFD君は、今日の設営場所の提案者でこの「寿栄広」は馴染みなそうだ。三鷹駅北口の横河電機裏にある店は、新鮮なネタのわりにリーズナブルな値段で人気がある。店内の広さを見ると、予約をした方が良さそうだ。

生牡蠣、プリプリなボタン海老、ぶつ切りにし油の乗ったトロ、イカ、名産のタケノコ、里芋、黒豆、味付けされた絶品なシシャモなど。最後にチーズがたっぷり乗ったオジヤをかき混ぜ、小ぶりの茶碗でいただく。唯一下戸な私はお新香をちょいと乗せ、お代わりをするほど旨い。

写真部にいたKN君は最後の記念撮影の際、フラッシュ付き小型カメラでアングルを決め、料理屋の女将に「シャッターを3回押してくれ」と指示をする。スマホに慣れている女将は、「画面が真っ黒くなった」と戸惑う。シャッターボタンと電源ボタンを間違えたようだ。

一般的には卒業年度のクラスが単位となる。しかし我々の日大二校は私立なのに風紀や規則が厳しく、2年生昇級の際多くの友人が退学となった。そこで半世紀近く1年F組クラス会が継続している。

酒を飲まない私だけみんなと別れ、車に乗り込む。フト思う。今日集まった3割ほどはまだ現役だが、50年近い経験と知識、人脈を今の世の中に生かせれば、どんなにか役に立ち、我々も生き甲斐を全うできる、と。東京へ来る途中ラジオで聞いた4歳児の「人間は何で生きるの?」の質問に答えが見つけられそうだ。

 

Marshall JTM45のうんちく  その2

f:id:markdadao:20151018093600j:plain

 写真はJTM45の音の再現を試みたアンプ(技術アドバイザー製)と電源トランス・出力トランス・チョークトランス(アテネ電機製) 

 

 

英・米の電圧の話をしておきます

ギターアンプなどに利用する一般的な電圧は、イギリスが240V、アメリカは120V、日本は100vですね(他の多くの国では220vあるいは110vというのが最も多いのですが)。

イギリスは高電圧/小電流、アメリカは低電圧/大電流であり、アンプに使用される電源ケーブルもイギリスは細め、アメリカでは太めとなります。アメリカの最もちっちゃなでアンプ「チャンプ」(出力5W弱)のケーブルの方が、マーシャルの100Wアンプより太いケーブルだったりします。もちろん、一次側フューズの定格アンペアは同じアンプでも使う国により違ってくるので注意しなければなりません。

続きを読む

Marshall JTM45のうんちく  その1

f:id:markdadao:20170919122240j:plain

 写真The Whoの左の横並びのマーシャルキャビネットとJTM45、右のPetaの2段重ねのマーシャルキャビネットFender Bassman(出典:

The Marshall 'Stack' | Pete Townshend’s Guitar Gear | Whotabs

以前、JTM45の概要を「Marshall Ampのトランスの歴史」でも記載しましたが、弊社技術アドバイザーよりもう一度おさらいをさせていただきます。

markdadao.hatenablog.com

そもそもJTM45のネーミングですが、Jはジム・マーシャル本人、Tは一緒に店で働いてくれている息子のテリー・マーシャルの頭文字、つまりJIM&TERRY/Marshall・・・それと45は45wアンプという意味でつけられたと言われています。彼らの店は若い、あまり金のないミュージシャンの卵達が入り浸っていたそうです。もともとジムはドラマーで、ドラム教室をやり、息子のテリーも10代の頃よりそこそこの人気バンドでサックスを吹いていたそうです。金には困らない、主にジャズミュージシャン達は同じロンドンでもジムの店ではなく、もっと高級な楽器店に出入りしていたとされます。当時のイギリスでは気の利いたベースアンプは無く、輸入物のフェンダーはかなり高額で若者には手が出なかったとか、、、そこで貧乏な若手ベースマンは、間に合わせの真空管アンプを手作りしたり、オーディオアンプを流用していたとのことです。ただしスピーカーキャビネットは適当なものがなく、ジムは彼らのために12インチ4発の、結構ごつくて立派な、とても良質なキャビネットを製作しました。これがかなり評判となり注文が殺到し、本格的にスピーカーキャビネットを作り始めたのです。

続きを読む

Marshall JTM45に使用されているトランスについて

f:id:markdadao:20170914224143j:plain

最近、熱心に質問をされているユーザーとのメール返信の概要を、弊社技術顧問のアドバイスによりブログ用にまとめました。

 

 

1962年製と表記されていますが、JTM45はプロトタイプで世には出ていないと聞いております。実際販売を始めたのは1963年製からです。63年に制作されたOffset Chassisと呼ばれる、とても歴史的に貴重なJTM45で間違い無さそうですね。キャビネット正面から見て右側いっぱいにシャーシを片寄せて取り付けてあるアンプで、こうするとかえって重量バランスが良くなるのです。写真のトランス類はRSです。DELUXEと呼ばれている出力トランスに、合わせカバー上部に一次側電圧セレクト切り替え機構を持つ電源トランス、お手本のフェンダーに比べてとても大きなインダクタンスのチョークコイル、その他トランス以外にもポットのツマミ等々にもこのアンプの特徴がみられます。

続きを読む

富岡市グルメ フランス料理 ユジェーヌ Bistro EUGEN

f:id:markdadao:20170831182304j:plainフレンチ料理のオシャレな個室レストラン。出来れば予約をした方が良い。と言うのも、一度フリーで寄ってみたが満室で今回は電話予約。何せ8部屋しかないようだ。

f:id:markdadao:20170831182525j:plain

続きを読む

Jアラート(72年ぶりの空襲警報)

f:id:markdadao:20170902152225j:plain

8月29日早朝のJアラートは72年ぶりの空襲警報であり、時間の経過とともにJアラートを鳴らしたのは安倍首相のパフォーマンスだとか、早朝から起こされた、電車が止まってしまった、アラートが鳴って数分では何もできない、などだんだんと主旨が変質化している。少なくとも関東以北の国民に危機管理意識を呼び戻したのは、それなりのきっかけになったのではなかろうか?

続きを読む

「十五歳の戦争」を読んで

 

十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」 (集英社新書)

十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」 (集英社新書)

 

 

今年の終戦記念日は西村京太郎著による「十五歳の戦争」、副題陸軍幼年学校『最後の生徒』を読んだ。

北朝鮮とアメリカによる恫喝にあけくれる8月、国際法を無視する国のトップ同士だから戦争のリスクは避けられない。しかしそれぞれのトップ周辺は会話による解決に腐心しており、両国は挙げた手のおろし場所を探っている。両ブレーンはトップを諌める術を持っていないので「腐心」とあえて言う。

 

続きを読む

「世界遺産への道を拓いた男たち」を読んで

 

f:id:markdadao:20160527150430j:plain

 

大塚製薬の社内報「大塚薬報」の2017年5月号に「世界遺産への道を拓いた男たち」、副題「旧富岡製糸場の見えない礎」の特集号がある。これを著したのは、紀行作家であり一級建築士稲葉なおと氏である。

歴史にはスポットライトを浴びた人達と、逆に時間とともに埋もれてしまった人達がいる。著者は副題の「見えない礎」に着目し、旧富岡製糸場世界遺産への過程で、影の立役者である4名に光を与えている。

しかし、残念なことに社内報では一部の限られた読者ということで、この稲葉氏から見た事実をブログに載せることで、少しでも多くの人たちに知り得て欲しいと願う。

続きを読む

最近のニュースから考えること 2017/07

f:id:markdadao:20170722162948j:plain

ニュースでアメリカ海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船との衝突原因はイージス艦にあるとの小さな記事を見る。当時は7名の海兵員が犠牲との報道以外に原因究明は地位協定によりアメリカにあるとの事だった。

誰もがその責はイージス艦にあると思っていただろう。大型の民間商船は経済的にも合理的な航路を決められた通り航行していると推定され、並走しているイージス艦へ船首を急に向けるとは想像し難い。原因は見張りがコンテナ船を見落としており、さらに気づいた後の、管制塔への情報伝達の遅滞。これが事実であれば、有事の際の戦闘行為は何をか況やである。

北朝鮮ICBMはアラスカとハワイが射程内に入ったとして、ハワイ州では核爆発に対するガイドラインを発表し、11月には訓練を実施するとのこと。要はアメリカはすでに北朝鮮との間で有事と判断しており、北朝鮮への渡航禁止も予定しているようである。すでに北朝鮮の1800トン級の潜水艦が日本海で活動しており、何回と繰り返すミサイル試験発射を考えるならば、日本も核爆発への対処を準備した方が良いのでは?

 

続きを読む

秋田日帰りビジネス旅行記

f:id:markdadao:20170718234839j:image

3年もお付き合いをしているお取引先へ初めて出向くことになりました。11月頃初雪があり、12月より本格的な降雪に見舞われ、3月頃でも道端には高く積まれた残雪があると言う、秋田の横手を訪問。

高崎から大宮へ出て、秋田新幹線こまちへ乗りかえる。大都会仙台までノンストップ。丁度昼時分、売り子さんが後ろの席へ幕の内弁当を。ここまで来たのだからと、私はヒモを引いて温める牛タン弁当を。これは冬、米沢へ行った時、食べながら暖をとった思い出がある。

盛岡を過ぎると、新幹線には珍しい単線「さしまき駅」で上り電車待ち、田沢湖、角館そして大曲へ到着。この大曲駅では次の終着駅である秋田へスイッチバックする。後ろ向きに走る訳である。新幹線の改札口から運転士と車掌も代わるためにやって来た。秋田新幹線は単線とスイッチバックによるコスト低減、青函トンネルを抜ける北海道新幹線も在来線との共用でレールを3本引くなど同様なフレキシブルな決断の結晶である。

続きを読む