markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

秋田日帰りビジネス旅行記

f:id:markdadao:20170718234839j:image

3年もお付き合いをしているお取引先へ初めて出向くことになりました。11月頃初雪があり、12月より本格的な降雪に見舞われ、3月頃でも道端には高く積まれた残雪があると言う、秋田の横手を訪問。

高崎から大宮へ出て、秋田新幹線こまちへ乗りかえる。大都会仙台までノンストップ。丁度昼時分、売り子さんが後ろの席へ幕の内弁当を。ここまで来たのだからと、私はヒモを引いて温める牛タン弁当を。これは冬、米沢へ行った時、食べながら暖をとった思い出がある。

盛岡を過ぎると、新幹線には珍しい単線での上り電車待ち、田沢湖、角館そして大曲へ到着。この大曲駅では次の終着駅である秋田へスイッチバックする。後ろ向きに走る訳である。新幹線の改札口から運転士と車掌も代わるためにやって来た。秋田新幹線は単線とスイッチバックによるコスト低減、青函トンネルを抜ける北海道新幹線も在来線との共用でレールを3本引くなど同様なフレキシブルな決断の結晶である。

f:id:markdadao:20170712173838j:plain

大曲から横手までは緑広がる田園を走る奥羽本線に乗りかえる。2車両のワンマン電車で、出入り口は手動で勝手がわからず、通学の高校生が開閉ボタンを押し、その後ろから降りる。

改札口にお取引先が待っておられ、電話やメールのやり取りからその人柄をイメージしていた通りの方であった。工場は整理整頓され設備関係も丁寧に取り扱われていた。やはり企業は人である。経営者の人柄が工場を反映させている。

打ち合わせが一通り済み、帰り支度をしていると「お泊りですか?」と。こっちは日帰りのつもりで、私の無駄話がそのように思わせてしまったのかもしれない。

横手や大曲の駅ではキオスクも無く、駅周辺にもお店はなくお土産を買えず、車窓からの景色を追う。戸外には大きな石油タンクが備えられ、玄関は二重になっており、側溝と道路を区分けする目印が立っており、夏のシーズンでも冬の降雪の厳しさをその風景から知る事ができる。また、降雪に耐えるためか、杉の木など天空へ真っ直ぐな樹木が多い。このような環境による県民性が話題となるが、確かに真面目な人が多い。そして秋田の横手盆地は角館美人など色白の美人が多いと言われている。小野小町はこの地域の出身とのことで、秋田新幹線を「こまち」と命名しているが、現代の小野小町には会えることはなかった。

 

 

 

「イノベーターたちの日本史」を読んで

 

イノベーターたちの日本史

イノベーターたちの日本史

 

 

サブタイトル「近代日本の創造的対応」、著者は一橋大の「イノベーション研究センター」特任教授などの米倉誠一郎教授。東洋経済新報社が2017年5月に出版している。

このブログを読む前に以下の過去記事を読み直していただければ、著者のひととなりを知る事が出来ると思う。 

 

markdadao.hatenablog.com

明治維新前の砲術家「高島秋帆」から明治維新直後の志士たちの官僚としての働き、明治政府の対応、三井・三菱の財閥の対応、科学者「高峰譲吉」らの第2次世界大戦までの働きが描かれている。目次の他に終章(エピローグ)で全体の流れが一望できる。

 

 

自分にとって感じた内容(著書の意見)を以下に抜粋する。

大隈重信等が攘夷を唱えていただけの「志士」から日本を代表する「外務官僚」へ変貌していく、様々の難局を切り抜けている。そして「国内の財政状況を放置したままで国の信用を立てる事など、昔も今も不可能である」と結んでいる。

 

新官僚たちは「旧武士階級」という身分を金禄公債で買い入れ、さらにその公債を産業資本に転化するという壮大な構想を描いた。

 

2世紀半に及ぶ鎖国を解いた日本が直面した課題は、欧米の新しい技術や商習慣を導入して経済力をつけるかであり(富国)、列強に対峙しうる強大な軍事力を構築することであった。これを補完したのが三井・三菱の財閥であった。

 

日本の21世紀は想定されていたものよりはずっと暗雲立ち込める出発となっている。急速に進展したグローバリゼーションとその反動的とも言える孤立主義の台頭。こうした動きは実に幕末の植民地化の危機や攘夷運動を彷彿させる。さらに悪化し続ける財政赤字や自主外交確立の必要性も明治初期の状況に重なり映る。

 

著者は「歴史に客観的な史実などない」と歴史家にあるまじき考え方をもっている。歴史とは結局、主観的な記述である。人間の認知限界からして過去の全ての事象を再現することはできないからである。無限の事象の中から、幾つかの断片を拾い上げる作業こそが、まさに歴史家の歴史観を提示する作業であり、その観点の斬新さや手堅さを競うのが歴史を記述するという仕事だからである。

 

 

 

最近匂いを感じましたか?

f:id:markdadao:20170701124457j:image

湯につかり無想するが、邪念に苛まされそそくさと湯船を出る。せっかくの伊香保の湯が、こういう性分だと温浴を楽しめない。

脱衣所を出ると大きな本棚がある。背表紙に目を通すが、あまり興味をそそられるものが無い。両側にはガラスの開き戸がある。暗くて文字が読み取れず、思わず顔を突っ込む。と、そのガラス戸に閉じ込められた古書の匂いが、遠い昔を呼び起こす。

小学生の頃、夏休みは沼津の従兄弟の家へよく遊びに行った。2階には大きなガラスの引き戸の本棚があり、その頃の楽しい日々がよみがえった。匂いは画像や文字にはない、一瞬で全ての情景を再現させる特性がある。

続きを読む

出来そうで出来ない行為

f:id:markdadao:20170611124448j:plain

 フィリピンのセブ島にあるストリートチルドレンを支援するNPO法人の「イロイ・メモリアル・スカラーシップ」がある。

cebu-kodomotachi.jp

このNPOへ10年間、毎年自宅を解放しバザーを開きその収益を、また不要になった衣服やお菓子を現地へ送付している人がいる。今年も6月11日の日曜日に開催された。梅雨の中休みで天候に恵まれ、暑いくらいの日差しの中庭にも人が多く集まった。

続きを読む

絶対壊れないiPhoneカバー

youtu.be

MONOULLY storeで「絶対壊れないiPhoneカバー」の商品説明がありました。

内容は以下のURLをご覧ください。

https://monoully.jp/products/detail.php?product_id=15

続きを読む

大好評のオーディオアンプ at the LA Audio Show

f:id:markdadao:20170602125426j:plain

 

www.diyaudio.com

上記のスケルトン構造のアンプは展示用ですが、なかなか良いデザインでオプションで販売されるのを期待しています。

真空管エリアはメッシュで、トランスエリアはカーボネートで覆われています。このRコアの電源トランスと出力トランスは弊社製です。

設計デザイナーの藤田氏の徹底した、本来の真空管の音をシンプルに表現した製品品質が、従来品と比べ音質や音圧レベルランク高まった、と試聴した人達の感想をもたらした。実際、このカナダの代理店のウエッブサイトへも相当なヒット数だそうです。ロスアンゼルスのフェアでの人気の高まりを期待してます。

 

ライブは楽しいね

f:id:markdadao:20170527184525j:plain

一昨日の土曜日の夕方、富岡市内のカフェ・ココでライブが行われました。ビートルズのコピーバンド The Morter Runsの演奏は来客された人たちを魅了し、あっという間の2ステージを名残惜しく終了。

続きを読む

「なぜあなたの予測は外れるのか」を読んで

 

なぜあなたの予測は外れるのか――AIが起こすデータサイエンス革命

なぜあなたの予測は外れるのか――AIが起こすデータサイエンス革命

 

 

サブタイトル「AIが起こすデーターサイエンス革命」著者はNPO法人ビュー・コミュニケーションズ副理事長の小松秀樹氏。抜粋を以下に記します。興味のある方は購入を。

 

  1. T・AI(時間の人工知能)とは「逐次に投入される時系列データ(販売数量、出荷量)から、瞬時に膨大な計算実行。指標判定がなされ、最適な生産量・発注量・在庫量が出力される全自動システム」。
  2. T・AIの特徴は、時間とともに規則的・不規則的に変動する諸量を最適にコントロールできること。
  3. T・AIシステムは「予測AI」と「誤差制御AI」で構成される。

以上により、専門家でなくても簡単、大量、高速、高精度の最適な生産量・発注量・在庫量の結果を実現できる。

続きを読む

5月27日(土曜日) 富岡の町でライブがあります

f:id:markdadao:20170517165442j:plain

富岡市内にあるカフェ・ココでビートルズコピーバンドのライブが行われます。5月27日(土曜日)の夕方6時開演でおそらく9時過ぎまでやっていると思います。まだまだ席はあるそうです。詳しくはお店へ電話をお願いします  0274-67-7555 。

続きを読む

北朝鮮の緊張

 

北朝鮮の緊張が高まる中、韓国パートナー企業のアウトソーシング工場が京畿道の軍事境界線近くにあり、有事の際は操業が止まることは覚悟しなければならない。

特に、総人口約5千万の半数が集中しているソウル首都圏が攻撃されたときのダメージは深刻である。因みに集中が止まらないと懸念されている東京首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)は総人口の約3割である。

現在の各国の思惑は、金一族の擁護を北朝鮮はアメリカに求め、中国は資本主義との緩衝地として北朝鮮を必要とし、ロシアは不凍港の確保という地政学的な意味合いにより北朝鮮を取り込み、日本は拉致問題の解決と弾道ミサイルの阻止を計ると理解している。

続きを読む