markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

「十五歳の戦争」を読んで

 

十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」 (集英社新書)

十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」 (集英社新書)

 

 

今年の終戦記念日は西村京太郎著による「十五歳の戦争」、副題陸軍幼年学校『最後の生徒』を読んだ。

北朝鮮とアメリカによる恫喝にあけくれる8月、国際法を無視する国のトップ同士だから戦争のリスクは避けられない。しかしそれぞれのトップ周辺は会話による解決に腐心しており、両国は挙げた手のおろし場所を探っている。両ブレーンはトップを諌める術を持っていないので「腐心」とあえて言う。

 

読後感想だが3章に分かれており、第1章はタイトルの「十五歳の戦争」として、幼年学校の頃の実体験が書かれている。

 

第2章は「私の戦後」の実体験。特筆するのは著者が人事委員会の職員となり、これからの役人はパブリックサーバント(公務員)でなければならないことと「同一労働同一賃金」の実現ということにあった。しかし未だ、日本ではこの「同一労働同一賃金」が定着しない。アメリカは一つの仕事に対し賃金を払うが、日本ではその仕事をする人間に賃金を払う。だから高校出より大学出の方が給与が高い。非正規より正規の人間の方が高い。

 

第3章は「日本人は戦争に向いていない」。

永田鉄山 - Wikipedia

陸軍士官永田鉄山を評価し、永田は第1次世界大戦にて「散開戦法」から「疎開戦法」に根本的な革新が起きたことを指摘している。そして日本人はこの現代戦に向いていないと言っている。思うに今のISなどによるテロも個人の力量で争いを起こしている。

日本では永田鉄山のように理性的で、切れる人間は人気がなく「豪傑型」に人気があった。部下に全幅の信頼をおいて、口を出さず、思う存分腕をふるわせるタイプ。これは、不勉強で、時代遅れで、老朽化した自己の隠れ蓑にできて、「肚」という曖昧で、言質を与えぬ黙認で、責任を回避できる。

 

「なぜ、日本の軍人は、死を生の上に置くのか」生が死よりも大事であってほしい。戦争の中でも、生が、上にあってほしい。特攻や、玉砕で死を美化したが、外国との戦争は勝つか負けるかしかないし、死んだからといっても、ほめられはしない。

 

明治時代に作られた「陸軍刑法」があり、裁判に備えて、法務官もいたが、東条英機の「戦陣訓」により裁判制度をないがしろにした。陸軍刑法により裁いていたら、南京事件は起きなかったかもしれない。

 

日本の軍隊は上意下達は絶対的なものだが、師団長以上は任命権者が天皇のため、責任は現場の段階で処理をする。従って戦後の東京裁判では、大本営の命令を愚直に実行した現場の責任者が罪を負った。

 

「日本は戦争の中立国になるべし」しかしスイスのようなしたたかさが必要である。スイスは60万の民兵による武装ではなく、戦況から対応した狡猾な戦略があって、中立が保たれた。


沖縄は400年以上前、薩摩侵攻が行われ、明治政府によって「琉球処分」をした。太平洋戦争では本土決戦の時間稼ぎに利用をした。沖縄の中学生以下は標準語を話すが、老人の現地語は理解できず、また、戦前貧しかった沖縄県民の多くが連合国側へ海外移住しており、島民をスパイとして見ているフシもあった。従って日本軍は沖縄県民を信用していなかった。現在も、管理会社のオヤジが、持ち主から部屋を取り上げ、金持ちのアメリカ人に貸してしまったとしか思えない。

 

反対をすることもなく、特攻の死を黙認してしまった日本人は、権力に弱いのかもしれない。個というものが確立していない一般の兵士たちは、戦陣訓を守り、その教え通りに、戦い、玉砕した。

 

戦後は、現在まで戦争はなかったが、原発事故があった。その時も、虚偽の報告を重ね、責任を取ろうとせず、ひたすら組織を守ることに、汲々としていた。これではとても、現代戦を戦うのは、無理だろう。よく言えば、日本人は、平和に向いているのである。

 

日本軍が南京に傀儡政権を作るために選んだ汪兆銘の言葉。「現在の世界状況から見て、どの国が勝者になるかわからない。そこで、私は、日本と手を結ぶことにした。蒋介石はアメリカと、毛沢東ソビエトだ。これで、日本、アメリカ、ソビエトのどこが勝っても中国は安泰である。」

 

「世界遺産への道を拓いた男たち」を読んで

 

f:id:markdadao:20160527150430j:plain

 

大塚製薬の社内報「大塚薬報」の2017年5月号に「世界遺産への道を拓いた男たち」、副題「旧富岡製糸場の見えない礎」の特集号がある。これを著したのは、紀行作家であり一級建築士稲葉なおと氏である。

歴史にはスポットライトを浴びた人達と、逆に時間とともに埋もれてしまった人達がいる。著者は副題の「見えない礎」に着目し、旧富岡製糸場世界遺産への過程で、影の立役者である4名に光を与えている。

しかし、残念なことに社内報では一部の限られた読者ということで、この稲葉氏から見た事実をブログに載せることで、少しでも多くの人たちに知り得て欲しいと願う。

まず最初に片倉工業第11代社長柳沢晴夫氏。旧富岡製糸場が現存しているのも、片倉工業が利活用を考えた保存を工場停止以来18年間、固定資産納税と年間約1億かけて建物を維持してきた。私も当時の管理課長さん(本社総務課所属で富岡工場の管理者)から、製糸業の「トップの中のトップ」として維持すると聞いていた。

次に当時新市長になった今井清二郎氏。就任後すぐに片倉工業へ出向き柳沢会長(当時)と面談し、旧富岡製糸場の保存活用への協力体制が作られた。また、今井氏は当時から、製糸場を題材とした著書などを発表している。

旧富岡工場が文化財指定も受けていない時に、「ユネスコ世界遺産登録するためのプロジェクト」を発表した小寺浩之知事。当時は誰もが地方の一工場跡をユネスコ世界遺産登録するとは想像をしていなかった。私は第1回シルクデーを開催するにあたり、当時副知事だった小寺氏へ協賛金のお願いに訪問した。価値について共通認識するものの、こちらは40才前の若造で貫禄に圧倒され、副知事の袖についている銀色のカフスが今も目に残る。

小寺知事がプロジェクトを公表する4年前より、旧富岡製糸場世界遺産登録へ道筋を切り開いた功労者清水慶一氏。各大学で教鞭をとりつつ国立科学博物館研究室室長、参事を歴任。日本の近代化に貢献した産業遺産の調査員として、毎週群馬を訪れていた。

柳沢氏は平成15年に、小寺氏は平成22年に、平成23年には清水氏が永眠。そして、平成26年富岡製糸場ユネスコ世界遺産へ正式に登録された。

元市長の今井氏は一市民として偉ぶることなく飄々と、今もなお旧富岡製糸場の観光支援活動として、手作りの紙芝居の脚本や演者そして著述をしながら活躍している。

私はこの4名の他に、富岡製糸場内で1981年から地元小学生などと写生大会を行い、1986年から旧富岡製糸場の利活用を目的にシルクデー(イベント)を開催してきた富岡青年会議所の会員たちも、その礎として立派な役割を果たしてきたと考える。

f:id:markdadao:20160527150408j:plain

 

 

 

最近のニュースから考えること 2017/07

f:id:markdadao:20170722162948j:plain

ニュースでアメリカ海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船との衝突原因はイージス艦にあるとの小さな記事を見る。当時は7名の海兵員が犠牲との報道以外に原因究明は地位協定によりアメリカにあるとの事だった。

誰もがその責はイージス艦にあると思っていただろう。大型の民間商船は経済的にも合理的な航路を決められた通り航行していると推定され、並走しているイージス艦へ船首を急に向けるとは想像し難い。原因は見張りがコンテナ船を見落としており、さらに気づいた後の、管制塔への情報伝達の遅滞。これが事実であれば、有事の際の戦闘行為は何をか況やである。

北朝鮮ICBMはアラスカとハワイが射程内に入ったとして、ハワイ州では核爆発に対するガイドラインを発表し、11月には訓練を実施するとのこと。要はアメリカはすでに北朝鮮との間で有事と判断しており、北朝鮮への渡航禁止も予定しているようである。すでに北朝鮮の1800トン級の潜水艦が日本海で活動しており、何回と繰り返すミサイル試験発射を考えるならば、日本も核爆発への対処を準備した方が良いのでは?

 

続きを読む

秋田日帰りビジネス旅行記

f:id:markdadao:20170718234839j:image

3年もお付き合いをしているお取引先へ初めて出向くことになりました。11月頃初雪があり、12月より本格的な降雪に見舞われ、3月頃でも道端には高く積まれた残雪があると言う、秋田の横手を訪問。

高崎から大宮へ出て、秋田新幹線こまちへ乗りかえる。大都会仙台までノンストップ。丁度昼時分、売り子さんが後ろの席へ幕の内弁当を。ここまで来たのだからと、私はヒモを引いて温める牛タン弁当を。これは冬、米沢へ行った時、食べながら暖をとった思い出がある。

盛岡を過ぎると、新幹線には珍しい単線「さしまき駅」で上り電車待ち、田沢湖、角館そして大曲へ到着。この大曲駅では次の終着駅である秋田へスイッチバックする。後ろ向きに走る訳である。新幹線の改札口から運転士と車掌も代わるためにやって来た。秋田新幹線は単線とスイッチバックによるコスト低減、青函トンネルを抜ける北海道新幹線も在来線との共用でレールを3本引くなど同様なフレキシブルな決断の結晶である。

続きを読む

「イノベーターたちの日本史」を読んで

 

イノベーターたちの日本史

イノベーターたちの日本史

 

 

サブタイトル「近代日本の創造的対応」、著者は一橋大の「イノベーション研究センター」特任教授などの米倉誠一郎教授。東洋経済新報社が2017年5月に出版している。

このブログを読む前に以下の過去記事を読み直していただければ、著者のひととなりを知る事が出来ると思う。 

 

markdadao.hatenablog.com

明治維新前の砲術家「高島秋帆」から明治維新直後の志士たちの官僚としての働き、明治政府の対応、三井・三菱の財閥の対応、科学者「高峰譲吉」らの第2次世界大戦までの働きが描かれている。目次の他に終章(エピローグ)で全体の流れが一望できる。

続きを読む

最近匂いを感じましたか?

f:id:markdadao:20170701124457j:image

湯につかり無想するが、邪念に苛まされそそくさと湯船を出る。せっかくの伊香保の湯が、こういう性分だと温浴を楽しめない。

脱衣所を出ると大きな本棚がある。背表紙に目を通すが、あまり興味をそそられるものが無い。両側にはガラスの開き戸がある。暗くて文字が読み取れず、思わず顔を突っ込む。と、そのガラス戸に閉じ込められた古書の匂いが、遠い昔を呼び起こす。

小学生の頃、夏休みは沼津の従兄弟の家へよく遊びに行った。2階には大きなガラスの引き戸の本棚があり、その頃の楽しい日々がよみがえった。匂いは画像や文字にはない、一瞬で全ての情景を再現させる特性がある。

続きを読む

出来そうで出来ない行為

f:id:markdadao:20170611124448j:plain

 フィリピンのセブ島にあるストリートチルドレンを支援するNPO法人の「イロイ・メモリアル・スカラーシップ」がある。

cebu-kodomotachi.jp

このNPOへ10年間、毎年自宅を解放しバザーを開きその収益を、また不要になった衣服やお菓子を現地へ送付している人がいる。今年も6月11日の日曜日に開催された。梅雨の中休みで天候に恵まれ、暑いくらいの日差しの中庭にも人が多く集まった。

続きを読む

絶対壊れないiPhoneカバー

youtu.be

MONOULLY storeで「絶対壊れないiPhoneカバー」の商品説明がありました。

内容は以下のURLをご覧ください。

https://monoully.jp/products/detail.php?product_id=15

続きを読む

大好評のオーディオアンプ at the LA Audio Show

f:id:markdadao:20170602125426j:plain

 

www.diyaudio.com

上記のスケルトン構造のアンプは展示用ですが、なかなか良いデザインでオプションで販売されるのを期待しています。

真空管エリアはメッシュで、トランスエリアはカーボネートで覆われています。このRコアの電源トランスと出力トランスは弊社製です。

設計デザイナーの藤田氏の徹底した、本来の真空管の音をシンプルに表現した製品品質が、従来品と比べ音質や音圧レベルランク高まった、と試聴した人達の感想をもたらした。実際、このカナダの代理店のウエッブサイトへも相当なヒット数だそうです。ロスアンゼルスのフェアでの人気の高まりを期待してます。

 

ライブは楽しいね

f:id:markdadao:20170527184525j:plain

一昨日の土曜日の夕方、富岡市内のカフェ・ココでライブが行われました。ビートルズのコピーバンド The Morter Runsの演奏は来客された人たちを魅了し、あっという間の2ステージを名残惜しく終了。

続きを読む