読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

iPhone 6sを使ってみた

f:id:markdadao:20150925143628j:plain

今日はiPhone 6sの発売日。新作のローズゴールドを入手した。

カバーガラスが強くなったとのことだが、落下の状況によっては割れる恐れがあるため、BUFFの衝撃吸収フィルムで作られているフルカバー(FaceCover)をかぶせた。

iPhone 6sの外観はほとんど従来のiPhone 6と同じ(縦138.1mmが138.3mmに、横67.0mmが67.1mmに、厚さ6.9mmが7.1mm)で、重量も増えた(129gが143gに)というが気づかないほどだ。そしてFaceCoverはぴったり収まった。

すぐ、動作チェックをしてみた。

次世代のマルチタッチと言われる3D Touchは問題なく動作する。指に反応を感じる。操作もスムーズである。これで安心してiPhone 6sにも使える。

次に、指紋認証機能のあるホームボタンへTouch ID対応のホームボタンシールを貼ってみた。ローズゴールドの色調はこのピンクとマッチする。

指紋認証も問題なく動作することを確認した。(下の写真はFaceCoverをかぶせ、ホームボタンシールを付けた状態)

f:id:markdadao:20150925165618j:plain

昨今、クリアー(透明)ケースが売れているとのことだが、裏からはめて表に保護フィルムを貼る方法。クリアーなFaceCoverは大事なカバーガラスを表面から全て保護するのでオススメだ。かつ、裏面のアップルマーク周辺にも気泡が入らない裏面専用フィルムが付いている。例えば自動車の前照灯(ヘッドライト)の構造は、ボンネットを開けると、前面から硬質アクリルカバーが水滴や虫などから保護していることがわかる。決して後方からカバーをする構造ではない。大事なものから先にカバーする。

www.appbank.net