読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

平和を維持する事

日記

今朝LINEの受信コールがあり、「首相官邸」から8時15分の黙祷の案内が入る。今日は広島「原爆の日」。そしてフェイスブックを開けると、ギターリストの岡本さんの記事が掲載されていた。すぐにシェアーをさせてもらう。(以下の通り)

 

うちの母の話しです。母は、8月6日は安古市疎開していたそうです。朝、大きなキノコ雲が上がった。非常に遠くから眺めたはずなのに、後で気付くと頬に軽い火傷みたいなものが出来てたそうです。 そのうちドンドン大怪我をした人が運ばれ始め、これは...

Posted by 岡本 博文 on 2015年8月5日

 

夕食後NHKスペシャル「キノコ雲の下で何が起きていたのか」を観る。

「平和ボケ」と言われて久しいのですが、日本国内では戦渦もなく悲惨な戦争はテレビの画像から得られる程度です。従って今日のような歴史的な日に、「平和」について考える機会は私たち国民にとって意義があると思う。

戦後の憲法で「平和国家」を謳い、アメリカの安全保障下にいながら、ガンディーの無抵抗主義に近い思想で外交を行ってきたと思われます。しかし、最近世界のパワーバランスは日本にも「力には力を」の責任を負わせてきていると感じる。

自民党安倍政権が戦争をやりたくて、憲法第九条の拡大解釈により安保法制を無理に押し通すとは考えられない。かといって、憲法改正を前面に出せば国民の反発は必定と思われる。政権は国を守り、平和を維持する使命を背負っている。

私たちは日常の生活の中で、人と争わないこと、もう少し余裕があれば、人のためになる事を実践するところから平和が維持できるのだろう。