読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

甘楽町(かんらまち)を散策

f:id:markdadao:20160609233120j:image

富岡市に隣接する甘楽町は織田家の陣屋跡や生活用水路の雄川堰が残っており、それらを町づくりの核として観光地化している。休日の天気の良い日、ぶらりと旅人の気分で歩いてみた。午前中のためか人影もまばら。

f:id:markdadao:20160609232752j:image

車を甘楽ふるさと館の駐車場に停め、河川沿いの散歩道へ下りる。綺麗に刈り込まれた芝生、木陰にベンチが二つ、人っ子一人いない。

f:id:markdadao:20160609232831j:image

橋をわたり国指定の楽山園の北側沿いを上る。長岡今朝吉記念ギャラリーの隣に「ギャラリーカフェ」があり、ここも人の気配が無い。

f:id:markdadao:20160609232901j:image

勘定奉行役宅の高橋家に寄る。玄関にはしめ縄で「笑門」が掲げられている。以前、ここの当主とソニーの創業者の井深さんはご交際があり、軽井沢へ行くときはよく立ち寄られたと聞いていた。

f:id:markdadao:20160609232936j:image

その先の角には松平家の大奥の庭園がある。ここはその奥方と腰元が住んでいたという。

f:id:markdadao:20160609233021j:image

そして、楽山園の正面を右折し戻る事にした。せっかく江戸時代の雰囲気の中で散歩を楽しんで来たのだが、色気の無い「無料駐車場」の立て看板はなんとかならないものか。楽山園の入り口受付所も「番所」と看板が吊ってあるのに。地元の、特にお役人も自分が旅人の目で散策してみたらどうだろうか?

f:id:markdadao:20160609233038j:image