読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

iPhone 6sが来週から入手できる!?

f:id:markdadao:20150915233657p:plain

iPhone 6sが来週から、一般の人たちの手に入ります。が、心配な事があります。それは落下による液晶ガラスの破損です。

従来のiPhone6同様、液晶ガラスが側面のフレームからはみ出す構造のため、落下時に直接ガラスに当たる可能性があります。そのコーナー部のガラスは平面部の厚さより更に薄くなっており、簡単に割れます。

他社のスマホは殆ど、金属や樹脂のコーナーで液晶ガラスを守っています。が、なぜApple社のiPhone 6や6sの液晶ガラスは、ラウンドしたコーナーのアルミの金属から露出しているのでしょうか?これはスマホ全体のデザインを優先したと思われます。Apple社が人工サファイアガラスの企業を買収して、このガラスの割れを防ごうとしたのではないかと思われるのですが、品質面かコスト面か問題があり実現はしませんでした。

Buffの製品開発テーマとして、バンパーの様なモノでiPhone 6の独特なラウンドしたコーナーのデザインを台無しにせず、薄い衝撃吸収フィルムで全体を覆い、指の動作に問題が無く、気泡が発生せず、簡単に装着できる事としました。裏面のアップルマークは凹凸があり、そこへフィルムを貼ると気泡が発生するため、この裏面対策も考えました。

新たな発想で、通常スマホのカバーは裏面からはめ込むのですが、新開発したFaceCoverは衝撃吸収フィルムBUFFでできたカバーを前面からはめ込み、コーナー等からの落下による衝撃を吸収する事が出来ました。

iPhone 6と比較すると6sの外形サイズは、縦横がそれぞれ0.1mm大きくなり、厚さが0.2mm厚くなりましたが、コーナーを守る伸縮性のポリウレタン材により兼用が可能です。また、液晶ガラス面の衝撃吸収フィルムの厚さは0.4mmで、ガラスフィルムと比べ6sの3D Touchに対応出来ると開発者は発言をしていますが、実機を入手してから再確認するつもりです。

家電量販店で現在売られている衝撃吸収フィルムを見てきましたが、ケースを使う事でコーナーからの落下による破損は防げそうですが、フィルムだけでは無理なようです。前面全てをカバーするフィルムでは、完全に曲面のガラスを覆う事は不可能です。何故なら機体のガラス形状の個体差があり、対策として多少のりしろがあり、一部ガラスが露出しています。逆に覆いすぎるとフィルムが剥がれ易くなり、そこからゴミが入ってしまいます。

完全防備のFaceCover(iPhone 6/6sの衝撃吸収プロテクターフルタイプ)を、現在すでに使用しているiPhone 6を6sでも使用してみるつもりです。

 

Buff FACECOVER ウルトラ衝撃吸収 for iPhone 6 360°   FC-002C

Buff FACECOVER ウルトラ衝撃吸収 for iPhone 6 360° FC-002C