読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

慈悲は二重の福がある

ヴェニスの商人」でアントーニオの商船が難破、アントーニオは借金返済の当てがなくなる。彼に恨みを持っていたシャイロックは、証文をたてに彼を罠に陥れようとします。

「期限までに金が返せない時は、アントーニオの身体から肉1ポンドをもらい受ける。」

 夫の親友の危機を知り、ポーシャ姫は法律家に化けて裁判所に乗り込み、彼女の機転によってアントーニオは救われるのです。その中の一節が

「慈悲は強いられるべきものではない。恵みの雨のごとく、天よりこの下界に降り注ぐもの。そこには二重の福がある。与える者も受ける者も共にその福を得る。これこそ、もっとも大なるものの持ちうる最も大なるもの、王者にとって王冠よりもふさわしいシルシとなろう・・・・」

she spoke so sweetly of the noble quality of _mercy_, as would have softened any heart but the unfeeling Shylock's; saying, that it dropped as the gentle rain from heaven upon the place beneath; and how mercy was a double blessing, it blessed him that gave, and him that received it; and how it became monarchs better than their crowns, being an attribute of God himself; and that earthly power came nearest to God's, in proportion as mercy tempered justice

これは、奉仕活動をする人たちの体験する「福」の実感でしょう。