読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

走り続けなければならない

経営

「海に泳ぐエイは生まれたら死ぬまで泳ぎ続けなければならない」と言う話をTV番組で聞いた。それはえら呼吸できないので、泳ぎながら水中の酸素を取り入れる為だそうだ。従って寝る時も泳がなければ死が待っている。

SoftBank孫社長は、米国の携帯電話会社3位のスプリント・ネクステルを買収し、企業の存続確保に動き出した。企業は昼夜を問わず走り続けなければ存続は維持できないことを物語っている。私達のような小さな企業でさえ、明日への戦略を企画し、実現のためにたゆまず走り続けなければならない。
数年間赤字が続いているノキアが、どのように業績を回復するか想像しがたい。企業は一度、負の連鎖が始まるとプラスに戻すのは至難の業だ。その点アップル社の2000年頃の業績を考えると、今の3兆円以上の利益を出す奇跡の回復である。

戦後の日本の新興企業の代表がソニー・本田自動車であり、現代のそれはSoftBankでありUNIQLOだと思う。そしてUNIQLOは中国での反日デモに対しても軌道修正は取っておらず、更に海外展開を推し進め1兆円の売上高を目指し、2020年には5兆円を目標としている。これらの企業戦略実現のために、私達の想像を超えた走り方をするのだろう。