読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

新春開運講座 その2

小論 講演


今年の開運方法。昨年(平成23年)との比較で説明。
1.昨年の3月をピークに全体的に「不足」の年であった。今年(平成24年)は10月をピークに「争い」の年となり、集団と集団がぶつかり合う。
2.昨年は「磨く」年であった。今年はスリムにした体制で「動く」年である。動いて大きくしてゆく。
3.昨年は「片付け」の年であった。整理整頓。今年は「まとめる」年である。統率をとること。
従って争いに勝たなければならない。競い合う年であるから、勝つための手段をとること。その手段の為の武器は下記の通り。
守る道具と攻める道具を身につけて、それを使うこと。守る道具のKey wordが3つある。
1.「酢」、身体が固いのは良くない。動きやすい体質づくり。料理に酢を良く使い、心臓を助ける。酢を多めにした、お寿司やラーメンが良い。竹酢液をお風呂に数滴たらしての入浴も良い。
2.「真珠」、丸くて白い真珠を身につける。女性はネックレスで心臓の上に来るようにする。男性は腕輪やポケットに1つ入れておくのも良い。
3.「お香」、アロマオイルや香りが良い。ホッとする臭いが良い。

2つの攻める道具がある。
1.「顔」、いい顔をする。造作ではなく、良い表情をすること。笑顔は難を除け、相手に安心を与える。
2.「言葉」、人を生かしたり殺したりするが、人を生かして戦いに勝つこと。話をする時は、暖かな「プラス言葉」で最後を締めること。

「人を守ると運が高まる」これが開運のKey wordである。人は社会の中で生きているのだから、周りの人が良くなれば自分も良くなる。