markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

RC

出来そうで出来ない行為

フィリピンのセブ島にあるストリートチルドレンを支援するNPO法人の「イロイ・メモリアル・スカラーシップ」がある。 cebu-kodomotachi.jp このNPOへ10年間、毎年自宅を解放しバザーを開きその収益を、また不要になった衣服やお菓子を現地へ送付している人が…

プロセスも目的となり得る

S君から電話を受け、彼らの主催する懇親会に参加する。ロータリークラブ(RC)関連の集会はここ数年参加することも少なかったのだが、私がRC研修プログラムRLIにそのS君を誘った縁と、その時の中村講師が埼玉から来られるとの理由で断る理由はなかった。

JC談義から事業プログラムを考える

長野へ営業で行った帰り途、親子でJC談義 となる。シニアの地区世話人を降りた、と同時に息子がJCへ入会。 私は親父を早く亡くし、またこの土地に知人も無く、社会勉強の為JCへ入会した。そして友人もでき、楽しいJCライフを過ごした。今、息子がJCで奔走し…

慈悲は二重の福がある

「ヴェニスの商人」でアントーニオの商船が難破、アントーニオは借金返済の当てがなくなる。彼に恨みを持っていたシャイロックは、証文をたてに彼を罠に陥れようとします。 「期限までに金が返せない時は、アントーニオの身体から肉1ポンドをもらい受ける。…

同世代

戦後まもなく産声を上げ、青っ洟を袖に擦りながら原っぱを駆けずり、ラジオから「赤胴鈴之助」に耳を傾けていた。そして小学校へ通い、脱脂粉乳と鯨肉の給食を食べ、紙芝居を追っ掛けた。そんな体験を持つ同世代の仲間と集う。 ロータリークラブが縁で24、25…

広報に価する活動

RC

出席免除を受けているロータリアンとしての役割と考え、毎週の例会に参加せずロータリーの情報がどの程度得られるか? 市民の立場で意識して日々を過ごしている。 小さな町でボランティア活動を行っている組織の、ロータリークラブやライオンズクラブ、そし…

ロータリーの資源と活用

RC

ロータリー会員の職業のスキルを奉仕活動などに活用し、社会貢献する「職業奉仕」と言うカテゴリーがある。そして、会員のほとんどは大なり小なりの企業経営者であり、専門家であり多くの情報を持っている。これがロータリークラブの大きな資源の1つであり、…

ホテルを予約

久しぶりの午前様で、風呂に入りそのままベッドに潜り込み寝てしまった。以前ならば、なんとかブログでも書いて寝る事も出来たのだが、身体がついて行けなくなったようだ。 午前様になった理由は、前橋と藤岡の友人等が、翌日富岡製糸場で開催される「ロータ…

ブランドイメージ

20年以上継続して中古の自転車を海外へ寄贈している。その放置自転車を供給していただいている国交省関連の公益法人の理事長と部長が交代をしたとのことで、寄贈報告書を携えご挨拶に訪問した。 途上国のDonation(寄贈)については、現地政府の役人や政治家…

東日本大震災から4年目を迎えて

東日本大震災から4年目を迎える。震災当日から現地へボランティアへ出向いた約1ヶ月間のブログを読み直してみる。この時期ほど、心身ともに奉仕の意味を理解できたことはなかった。 それは、人間は自然界の中では無力であり、お互いが助け合わなければ存在・…

One Man Has a Dream

RC

今井先輩から電話があり、事務所を訪問。ロータリーの友の英語版THE ROTARY-NO-TOMOのトップ記事に世界遺産となった富岡製糸場が掲載されたとの事。 The Road to Becoming World Heritage Siteと言うタイトルで、3部構成となっています。最初がOne Man Has a…

Fellowship in 川場村

すでに20年も続いていると言う24−25年会が、川場村の永井酒造の「古新館」で昨晩開催された。この会はロータリーが縁で知り得た同世代の気のおけない仲間達で、出席を楽しみしていた。 中核メンバーは前橋市内のロータリアンで、私のように前橋外で現在クラ…

ポリオ予防接種チームが襲撃される

RC

今朝の新聞でショックな事件を知る。パキスタンでポリオの予防接種チームが襲撃されて4人が死亡とのこと。下記の通り2年前の記事で、パキスタンでのポリオ予防接種活動の難しさを書いた。 パキスタンのポリオワクチンについて - markdadaoの日記 パキスタ…

自治権の確保

RC

最近「源流の会」のメールのやり取りを読んでいますと、「地区とクラブ」の問題が論議されているようです。以前JC(青年会議所)でも「ブロックとロム」の業務分掌の問題で論議がありました。 *1 RCの地区とJCのブロックは似ているところがあり、本来はそれ…

巡り合わせ

RC

ロータリークラブでは社会奉仕という事業で、主にそのクラブのある町の人々の幸せを高める活動があります。 うちのクラブでも複数の社会奉仕事業案があり、理事会で議決して実践するのですが、その事業選択の理由を理事達から問われ、返事に窮しているとある…

「はじめの始まり プリクとシマン」

アメリカのヒューストン国際映画祭の学生部門最高賞であるプラチナ賞に、旧官営富岡製糸場のドキュメンタリー映画「はじめの始まり プリクとシマン」が昨年受賞された。その総合プロデューサーである櫻井真樹さんとその所属する中央工科デザイン専門学校副校…

マニラ首都圏の洪水

フィリピンではここしばらく雨が降り止まず、幹線道路が浸水し、各所の業務が停滞しているようです。フィリピン首都周辺で豪雨、洪水で7人死亡 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News 心配で現地にいる友人へメールをしましたところ、「今日は仕事をキャセルし…

図書館での出来事

今月の22日の例会(ロータリークラブ)で、6月に訪問したフィリピンでの国際奉仕活動の報告をパワーポイントで作成するように依頼を受けていた。最近時間がとれないと言うか、まとまった時間を作ることが出来なかったので延び延びとなっていた。 連日のうだ…

ファシリテーターについて(第2回DL研修にて)

今年度第2回目のディスカッション・リーダー(DL)研修が40℃を超す前橋で開催された。今回は主にファシリテーターについて、2560地区敦賀RCの刀根荘兵衛さんの講演をいただいた。 105枚にわたるパワーポイントを約1.5時間かけて説明をいただく。 DL研修の手引…

利他的行動の進化

7日のPLoS ONE(オープンアクセスのアメリカの科学雑誌)に大阪大大学院のグループが「利他的行動を科学的に立証した」論文を掲載した。 人類の利他的行動の進化は、「親切にした相手からではなく、第3者から親切が帰ってくる現象」だそうだ。これは人間社…

語り部

日本のロータリアンは全員が「ロータリーの友」という機関誌を購読している。今月号(8月号)の基調講演集は和歌山県串本町の田嶋町長の「日本・トルコ友好の礎」が掲載されています。多少の耳学問より明治時代、串本町沖合でのトルコの軍艦エルトゥールル…

正義は一つではない

ロータリーでは中核的価値観の中に多様性というキーワードがあります。そして、ロータリーの目的を達成する方法は、世界に会員が約120万人おり、120万の方法があると信じております。 しかし、日本の教育では正解は一つという方法を取ってきたため、ロータリ…

RY2013-14RLIディスカッション・リーダー研修

RC

前橋で新年度のRLIディスカッション・リーダー研修がRLI日本支部ファシリテーターの中村靖治PDGをお招きし行われた。内容は中村靖治PDGの基調講演「RLIの基本的な考え」を30分行いました。その後実践トレーニングとして11名のDL(ディスカッション・リーダー…

メモリアル・コントリビューション

RC

「ロータリーの友」6月号の32ページに「メモリアル・コントリビューション」の記事がありました。しかし、私は記憶に留めておりませんでした。 田島先輩の通夜が先週の11日に予定されており、同日の昼のクラブ例会では会員の死を悼み「ニコニコボックス」を…

田島さんを偲ぶ

田島先輩 - markdadaoの日記の田島先輩の告別式が今日執り行われた。 昨日はクラブ例会で、「田島さんを偲ぶ会」を行った。黙とうの後、関係の深い数名の方がスピーチを行った。 N氏:富岡市の発祥は近隣の宮崎からの移住者から始まり、田島さんの先祖は宮…

田島先輩

Tさんの職業奉仕卓話 - markdadaoの日記 Tさんことロータリークラブの田島先輩が今朝シャワーを浴びている最中、くも膜下出血で亡くなられたと報告を受けた。 最近も山登りをしたり自転車で街中を走り、夜間例会ではお酒を飲み明るく元気な先輩だった。明治…

ロータリークラブの寄付

RC

長い間の慣例でロータリークラブへ寄付や会費の依頼が多くある。内容は地元のお祭りの寄付、ガールスカウトやボーイスカウト、国際交流協会、暴力追放推進協議会、地元 NPO団体、社会福祉協議会などの会費である。そして会費請求はロータリーの意図とは別に…

奉仕活動は誰のため?

RC

大西良慶和尚のもとに入寺し、昭和63年から清水寺管主となった森清範(もり・せいはん)和尚の教えのなかに、日本人としてロータリークラブの奉仕の精神に近づくヒントを得ました。 「ロータリークラブは世のため、人のために奉仕をする」と言う考えが根底に…

ローターアクト研修会に参加して思う事

RC

RID2840のローターアクト(18歳から30歳まで)の指導者研修会が群馬県庁唱和庁舎で行われた。 私は初めて参加し、主催者は自分たちの子供の世代のため戸惑った。男女比率は約半々で、彼らなりに一生懸命研修会を運営していた。ここでも問題は会員拡大であり…

アエタ族の生活視察

朝5:30起床。6時朝食。6:15ホテル出発予定で地元ロータリアンのトラックを改良した荷台バスが来た。しかし、集団ツアーの常で7時の出発となる。 朝のラッシュアワーでマニラを脱出するのに1時間ほどかかった。ノースハイウェイからは順調に飛ばす。ピナツボ…

パン焼きで自立

富岡を3時35分に出発。予定より1時間早く成田空港へ到着。カウンターの開くのを待ち、6名のクラブメンバーと雑談。いち早くチェックインしたのだが、満席とのことで私たちは最後尾の席となる。よく揺れるため飲み物は持ち上げてバランスを取るほど。4時間の…

2013-14年度会員増強セミナー

RC

前橋で例年事業の会員増強セミナーが開催される。 今年は会員組織強化委員長の牛久保パストガバナーの基調講演があり、ご自分の事業を通じて会員増強へのアイデアが示された。本業の自動車ディーラーのセールスマンへの社員教育として、成果は質と量と意欲の…

入会希望者はいるに違いない!

RC

ロータリークラブの次年度の委員会は会員拡大である。今週末には地区でも会員増強セミナーが開催される。以前はロータリークラブのステータスが高く、入会者を選ぶ時代があったそうだ。昨今は潜在的には入会を希望される方もおりますが、自らが入会を希望す…

RID2840地区協議会 RY2013-14

RC

地区協議会が前橋商工会議所で開催された。この「地区協議会」と言う名称も今年度が最後で、次年度から「地区研修協議会」となる。この名称になるまで紆余曲折があったのだが、ロータリアンの知恵を感じる。このセミナーは主にクラブのリーダー研修(対象者…

RLIが国際ロータリーの常設プログラムとなる?

RC

2013年規定審議会の決議案として「13-168 ロータリー・リーダーシップ研究会を(RLI)を、RI 傘下の組織またはRI の常設プログラムとして指定することを検討するよう、RI 理事会に要請する件 To request the RI Board to consider designating the Rotary Le…

ビル&メリンダ・ゲイツ財団とJICAによる業務協力

2011年08月18日のJICAによるプレスリリースを下記に参照。 緒方貞子JICA理事長と、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation、以下、ゲイツ財団)のビル・ゲイツ共同議長は、業務協力協定を締結し、世界におけるポリオ撲滅対策等の強化…

マケルシー係数

日本青年会議所の元会頭で、MIA(Management In Action)の創設者である小野正孝氏が「マケルシー係数」を発表した。これは、自分自身には直接(損得に)関係ない、しかも、重要な物事に思考を集中できる時間の長さの平均値である。具体的には、1日の間で他人…

SUKUJI 作戦と会員増強維持セミナーの議事録を読んで

RC

ロータリアンではない私の友人たちは、ロータリーをテーマとしたブログはつまらないとの事。申し訳ないが、私の人生の一つの指針となっているロータリーを理解してもらいたい。 先月、SUKUJI 作戦と会員増強維持セミナーが行われ、その議事録を先輩から紹介…

久しぶりで被災地からの便り

RC

塩釜RCの元AGの和田さんから地元のお酒が送られ、手紙が添えられていました。「多忙な日々に御礼が遅れて・・」という内容でした。2年が過ぎ、最近の私こそ脳裏から被災地の事が忘れ去り、日々の暮らしに追われている自分に気付かされました。 御礼の電話を…

海外の都合

RC

海外とのビジネスで通訳の翻訳違いや、相手の都合で要件が変わる事が多々ある。それが、今回はロータリークラブの国際奉仕活動で大きな意思疎通の違いが露呈された。 フィリピンの姉妹クラブのリーダー達からの要請で、アエタ族(原住民)の集落へ飲める水を…

新会員セミナーを終えて

RC

地区内3年未満の会員を対象に、約70名弱で新会員セミナーを開催した。 開会の辞で松倉研修副委員長から主にロータリー情報を約8分お話をいただく。 趣旨説明を本田ガバナーエレクトより、本日のスケジュールと開催趣旨及びロータリーの基礎知識に関するweb …

「親睦と奉仕」FellowshipとService

RC

夕方6時半から近所のふるさと館でうちのクラブの夜間例会が行われた。仕事で少し遅れていった。すでに懇親会が始まっており、みんなは飲食をしながら盛り上がっていた。 その中に入り込むと、ある先輩後輩会員が後継者問題について会話を始めた。後輩は「親…

120万の正解

RC

日本の教育現場では正解は一つであり、クラスで手を挙げられるのは正解がわかった生徒だけ。自信がなければ手を挙げない。間違えれば恥ずかしいからだ。 ロータリーの使命は人のため、社会のため、世界のために奉仕活動を行い、そこにはあらゆるニーズと方法…

中国人米山記念奨学生について

RC

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会の奨学生で、中国人留学生が多くエントリーするとのことで最近は物議をかもしている。以前は台湾、次に韓国人留学生が多い時代があったのではないか? 例えば1967年奨学生総数は59名で台湾留学生は48名と81%であった。…

国際感覚の高揚

RC

今日のお昼、利根信用金庫本店4階を会場とする沼田RCの例会卓話に訪問する。テーマは国際奉仕として「アエタ族」の水支援の紹介。(写真は会場から見える景色) 沼田RCの特徴は、昼食の取り方がA式(点鐘後に一斉に摂る)とB式(点鐘30分前から出席次第めい…

PETS(Presidents-Elect Training Seminar)について

RC

国際ロータリー2840地区は、朝10:00から始まった次年度会長・幹事のセミナーは昼食をはさみ夕方の6:00まで行われ、翌日は8:30からお昼まで開催された。初日の午前中はガバナーエレクトから国際ロータリー及び地区の基本方針等の説明があり、その後昼食の前後…

会長幹事研修セミナーにおいて感じた事

RC

PETSに寄せて本田ガバナーから2013-2014年度のクラブ会長・幹事の皆様へメッセージが記載されていました。 その中身を読んでいましたら、「希望はどこにあるのか」というフレーズが気になり、下記に抜粋します。 ・・・・ 私たちは、クラブの仲間をもっと信…

新会員セミナーへの思い

RC

約20年前、地元で新設されるロータリークラブの会議に出てほしいとの依頼があった。ロータリーのイメージはJCをやっていたので、多くの先輩たちから作られていた。大人の社会のグループで、何か勉強できそうだという感じを受けた。確かに多くの先輩たちの言…

「衣食足りて礼節を知る」と言うが

奉仕活動はロータリークラブの大事なミッションである。多くはクラブ単位で奉仕活動を行う。しかし個人的に行う事もある。その例として、自分の職業を通じて無償の奉仕を積極的に行う。 私の主たる事業はトランスの製造販売であり、その収益はお客様からの仕…

2013年国際協議会講演集より「会長エレクトによる閉会の辞」

「会長エレクトによる閉会の辞」ロン・バートン 目標は、単に新会員を増やすことではなく、ロータリーを成長させること、ロータリーを大きくすることです。これは、単なる会員数の増加ではなく、より積極的で、意欲にあふれる会員を増やすことです。このよう…