markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

日記

この世に生まれた記念日

最近は言ってもどうにもならない事が多く、ブログの更新もままならない。しかし、誕生日が晴天の穏やかな日曜日のためか、心が安らかになる。自宅周辺を午後の散歩に出かけると、最近は歩いてなかったので風景の再発見ができた。(各写真参照) 先月 、富岡…

「富岡製糸場のある町」の生い立ち

住んでいる町の生い立ちを知るきっかけは、6年前岡野前市長の時代、富岡のまち編纂委員会が編集した「富岡のまち」を偶然読んだことにある。これは長年編纂委員であった今井幹夫先生を始めとした諸先生の尽力によるもので、以下に大綱を記す。 最近、ユネス…

富岡市グルメ「 茶フェ ちゃきち」

お茶の専門店がカフェとして開業し、今年で3年目になるそうだ。実家である民家を土足で上がれるよう南廊下まで板の間とし、テーブルと椅子を配置し、庭先には2車両の上信電鉄が走り抜けるのを見ることができる。 我々は奥のソファーに落ち着いた。店の人が「…

先週のニュースより

河野外相は訪中し日中外相会談を行い、関係改善を友好に進めながらも、尖閣諸島周辺の接続水域での中国海軍の潜水艦入域に対しては強く再発防止に言及したと報道された。 独立国家の外相ならば当然の対応なのだが、最近の外相や外務省の弱腰外交には歯痒い思…

年頭に言いたいこと

関東平野は一面真白、4年前のような異常な降雪には至らないようだが、今日は早めに仕事を切り上げ久しぶりに時間が取れた。正月からブログ更新もなく何か書いてみる。

水あたり

またしても「水あたり」をベトナムでやってしまった。中国やフィリピンでも辛い目に遭っているのに、まったく学習効果がない。若ければ抵抗力もあり心配いらないのだが、歳を取ると気をつけなければならない。 今回は早朝からの長時間フライトと、蒸し暑い中…

世界遺産のある官営富岡製糸場の町でライブ

昨晩、富岡銀座通りにあるカフェラウンジ・ココでオールディーズライブが開催された。私たちが住む地方の街では気軽にライブが楽しめる場所が少ない。プロによって手を加えられたレコーディングは音楽としての完成度は高いが、ライブのようなスリリングなハ…

ベトナム・ハノイ出張

急遽ベトナム・ハノイ行きが決まり、外国人技能実習生の送り出し会社と打ち合わせの為に渡航。スタッフや現地会社によってやりくりをしていただいたが、帰路はダナン経由となる。 中国人の技能実習生を行なっていた多くの組合は、質の低下などを理由にベトナ…

大きな目的もなく、ただあっちこっち

四季の替わり毎に軽井沢を訪れている。理由は単純、スーパーマーケットつるやへ防水紙でできている水切り袋を買い求めるためである。多くまとめ買いをすると、困る人もいると思い3、4束にしているのだが3ヶ月ほどしかもたない。でもそれを口実に追分にあ…

日大二校1年F組

表通りから一筋入った居酒屋風小料理屋の相席座敷で、隣席の若い男女たちへ「ことわり」をいれてるじいさんがいる。 「俺たちは約10年ぶりでクラス会やっているので、少々うるさいが勘弁してくれ。」とか、官僚出身の気配りYG君。そんなことお構えなしのOT君…

富岡市グルメ フランス料理 ユジェーヌ Bistro EUGEN

フレンチ料理のオシャレな個室レストラン。出来れば予約をした方が良い。と言うのも、一度フリーで寄ってみたが満室で今回は電話予約。何せ8部屋しかないようだ。

秋田日帰りビジネス旅行記

3年もお付き合いをしているお取引先へ初めて出向くことになりました。11月頃初雪があり、12月より本格的な降雪に見舞われ、3月頃でも道端には高く積まれた残雪があると言う、秋田の横手を訪問。 高崎から大宮へ出て、秋田新幹線こまちへ乗りかえる。大都会仙…

最近匂いを感じましたか?

湯につかり無想するが、邪念に苛まされそそくさと湯船を出る。せっかくの伊香保の湯が、こういう性分だと温浴を楽しめない。 脱衣所を出ると大きな本棚がある。背表紙に目を通すが、あまり興味をそそられるものが無い。両側にはガラスの開き戸がある。暗くて…

出来そうで出来ない行為

フィリピンのセブ島にあるストリートチルドレンを支援するNPO法人の「イロイ・メモリアル・スカラーシップ」がある。 cebu-kodomotachi.jp このNPOへ10年間、毎年自宅を解放しバザーを開きその収益を、また不要になった衣服やお菓子を現地へ送付している人が…

ライブは楽しいね

一昨日の土曜日の夕方、富岡市内のカフェ・ココでライブが行われました。ビートルズのコピーバンド The Morter Runsの演奏は来客された人たちを魅了し、あっという間の2ステージを名残惜しく終了。

ポールマッカートニー東京公演最終日

Hey Jude / Paul McCartney 30 April 2017 Tokyo Dome JAPAN ポールマッカートニー ポールマッカートニーの東京公演に僕も行って来てしまった。世界ツアーOne on oneの日本最終公演はHey Jude でポールへのサプライズが起きた。

富岡市内にあるカフェーラウンジ COCO

世界遺産で有名になった富岡市ではあるが、オシャレで気の利いたお店が少ない。 知人のAさんが本業とは全く違うカフェラウンジを昨年開業。店を開く際、私に「音楽を身近に触れる場所を作りたい」と熱っぽく語っていた。忙しさにかまけ、1年間ほどそこへ足を…

アンプビルダー岡本さんの工房で

3月20日の夕刻、お得意先のFさんとアンプビルダー岡本さんの自宅(工房)を訪問。岡本さんのお弟子さん(?)と言う、唐津から駆けつけた中里さんも同席しアンプ談義となる。 以前、岡本さんからご紹介いただき「アンプの大学」に参加。その後加入者が1,000名を…

中洲、天神、博多以外の福岡での話

写真は「日本最古の梵鐘」観世音寺 お得意先のFさんは好奇心&知識欲旺盛な方で、私など足元にも及びませんが人間を無理して分類するならば、私も同族ではないかと思います。 基本的には下戸で、その余った時間は好奇心を満たすために使います。旅先では市場…

九州国立博物館とその周辺

あいにくの小雨の中、天満宮参道を上り太宰府天満宮へ入る。太鼓橋を渡り右手に手水舍のすぐ傍に鹿の彫刻がある。その同じ柵内の雑草の中に、無造作に置かれた白いプラスチックの椅子があり「誰かが置き忘れたのかな」と思わせ、場所柄ちょっと違和感を感じ…

じいさん福岡へ飛ぶ

高校の修学旅行以来何十年ぶりの九州。記憶では福岡は行ってない。今回の旅行は取引先への営業訪問と、初めてお会いするアンプビルダーの岡本さんの工房へ。 幸い取引先のFさんが観光案内をしていただける。福岡には九州国立博物館があり、行ってみたい候補…

平山郁夫画伯の「悠久の絹の道」 

地元出身の福沢一郎画伯を記念した美術館があるが、個人的にはあのオドロオドロしい前衛画が馴染めず足が遠のいていた。もっとも、「福沢の良い作品は、ほとんど世田谷の福沢一郎記念館にある」と、亡くなられた大川先生がおっしゃっていたな。 大川栄二先生…

坂城町のキッチン・フライパンで商売を知る

長野・上田にある新規のお客様へ営業訪問。午後1時の約束のため、上田菅平ICを降り18号を坂城方面に向かう。ちょうど昼時のため食べ物屋を探しながら走る。上田の町をを過ぎる頃から、なかなか見つからない。ついに坂城へ入ってしまった。

旧山崎家別邸(川越市)

朝テレビを観て焼き芋が紹介され、食べたくなる。焼き芋といえば川越。幼稚園(新宿区上落合の「伸びる会幼稚園」)の頃、遠足は川越の芋掘り。芋づる方式に大量の戦利品を、アクのついた手で持ち帰った思い出がある。確か母が大学芋を作ってくれた。残念な…

バンコクにあるライブハウスSaxophone

駅に着くと屋根を強く叩くスコール。外に出られない人たちで、高架橋の通路はいっぱいだった。そこへ商売熱心な折り畳み傘の売り子がやってきた。ちょっと足元を見られて残念だが、一向に降り止まぬ雨に80バーツを出して購入。高架橋を降りると雨が傘を叩く…

たびたび旅の話

今回は10年ぶりか、タイのバンコクへ出向く。仕事の打ち合わせが終わり、そしてホテルへ戻る。

久しぶりの海外旅行

年に4、5回行ってた海外も、事情により3年ぶりの海外旅行となった。浦島太郎とは言わないが、様子が変わった事を書いてみる。

一極集中のリスク

お盆休みと帰省ラッシュは、いつ頃から始まったのだろう。毎年、交通渋滞や満員電車で国民大移動が行われている。そういう自分も、この時期は里帰りするのだが、幸い実家が東京にあるため、混雑とは逆方向でイライラする事はない。そして、この盆休みと正月…

久しぶりの友人

在日パキスタンの友人から電話があり、来日しているタイの知人と共に、打ち合わせと夕食を三軒茶屋で摂る事となった。

かかりつけドクター

最近は地域の総合病院はかかりつけのクリニックの紹介が必要だそうだ。そのかかりつけのクリニックがホームドクターの役目を果たしていると思う。