markdadaoの日記

真空管アンプ用トランス、スマホ用衝撃吸収フィルム、RC、政治経済、読後感想など

小論

散歩について

歩くということはA地点からB地点への移動が目的だろうが、散歩はA地点を出発してまたA地点へ戻る生産性の無い行為のようだ。日常、肉体的に疲れない仕事をしているのだから、散歩してわざわざ疲れようとするなんて贅沢なもんだ。 日々仕事だけだと千歩から二…

パリ同時多発テロのニュースを聞いて

昨日から辛いニュースとして、129名の犠牲者を出した「報復の連鎖、 パリ同時多発テロ」があり、サンデーモーニングでもこのテーマでコメンター達が話をしておりました。 その中でひときわ核心を指摘していた、”高岡豊氏(中東調査会研究員)”の意見に共鳴しま…

手柄は部下に、責任は己に

昔からリーダーへ「手柄は部下に、責任は己に」という言葉がある。これはなかなかできないことで、だから訓戒として残っている。 言志四録にこのような言葉がある。 利を他に譲って、害を自分で引き受けるのが「譲」。良いことを人に、悪いことを自分で取る…

人口増

デービッド・アトキンソン(元アナリスト,現在寺社仏閣の建設、工事の小西美術工藝社社長)が、日本の経済復興の要因は「爆発的な人口増」によると言ってます。高い技術力と勤勉による生産性数値は他国と横ならびだったと。だから人口8000万のドイツを1億3000…

最近のニュースから考えること

1. 日本郵政が老人の安否確認やヘルスケアをiPadやAIを活用した実験を始めた。これは以前ブログに書いた私の勝手な「富岡市の未来計画案」の現実化の一歩と喜んでいる。しかし、巷では否定的な意見もあるようだが、時代の1ステップとして暖かく見守って行き…

難民受け入れ問題

内戦状況下のシリアから多くの難民が流出している。その数は人口2200万人で400万人以上が国外へ避難生活者で国民の約2割である。この原因となるシリア内戦は政府とその反政府、また宗教対立やその騒乱にISIL(イスラム国)や多国籍軍の参戦などで収拾は困難…

第3次安倍内閣の新3本の矢

昨日、第3次安倍内閣が発足。GDP600兆円、希望出生率1.8人で人口1億人維持、介護離職ゼロの目標を掲げている。 その実現のため「3本の矢」という呼称で「強い経済」を1本の矢とし、あらゆる方法で実施する。2本目の矢は、「夢を紡ぐ子育て支援」として、待機…

ワイヤレス給電

電動歯ブラシの赤いLEDが点灯したので、ACコンセントにつないで充電を始めた。翌朝フル充電した歯ブラシを使い、その後電気シェーバーの電源を入れたらこれもフル充電の様相。 これは電動歯ブラシのワイヤレス給電中、そばにあった電気シェーバーも電磁誘導…

楽しい眼科

眼圧検査で看護婦さんが、 「大きく開けて下さい 。もっと大きく!」 「・・・・」 「口は開けなくていいですよ。」 診察中、患者と先生が、 「最近、霞むんだけど ?」 「天気が悪いからね。」 同じく先生と患者が、 「逆さまつげがあるので抜きますよ。」 …

デザインとその問題点

東京オリンピックエンブレムが取り下げとなり、そして、大会組織委員会は新国立競技場建設に続き、2度目の失態をおかした。この大会組織委員会の理事や顧問団をみると、日本の政財界、スポーツ界のそうそうたるメンバーで構成され、「船頭多くして船山に登る…

ストレス解消方法

90歳になろうとするオバさんが、2ケ月の海外旅行から帰国。早速、全身メディカルチェックを受けた。出発前に発症したと思われる胃潰瘍が発見されたが、すでに自然治癒され胃薬を処方されただけだったそうだ。 出発する前の不安で胃をやられたのだろうが、旅…

闘争心と理性

「人間はそれぞれ闘争心があるから、争いが起きる」と言う。稲森和夫氏が言う闘争心は「絶対に負けない、必ずやり遂げてみせる」という、己を駆り立てる闘争心である。 しかし、相手を脅かしたり痛めつけたり、陰湿なのは相手の足を引っ張って自分の位置を相…

最近の中国は?

銅ベースが下がり続けている。これは中国経済の低迷が原因だと言う。昨日中国から帰国した知人は、電話で開口一番「中国の景気の低迷はひどい。閉鎖する企業や海外に脱出する企業が多い。」とのこと。 また習近平主席による汚職贈賄等の経済犯罪に対する粛正…

戦後70年談話を聞いて

今日、安倍首相が「戦後70年談話」を発表した。テレビ等のニュースではコメンテーターなどが一斉に批判をしている。閣議決定までした内容を、まるで中国や韓国側に立った発言を繰り返ししているように感じた。そんなにひどい談話なのかと思い、全文を読み直…

上を向いて考える

車窓から見る近くの景色は飛び去るが、遠くは一緒に走ってくれる。都会に近づくと、一緒に走ってくれる遠方の景色が見えなくなる。しかし孫は雲が一緒に走ってくれると言う。若いと見る角度が高いが、歳を取るに従い目線が落ちてくる。 確かに雲の流れを見続…

安全保障関連法案を考える

昨日衆議院本会議で「安全保障関連法案」が可決された。争点となっているのは、主に「集団的自衛権の行使」が憲法第9条に違反しているかである。 憲法9条の第1項で「戦争の放棄」、第2項で「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を定めており、この条項から考…

アップルミュージック Apple Music

<a href="http://applemusic.tumblr.com/" data-mce-href="http://applemusic.tumblr.com/">Apple Music</a>applemusic.tumblr.com 早朝より雨が降っており、散歩ができないので寝床でiPhoneのソフトウェアのアップデートを行う。今日から配信された、iOS8.4へのアップデートは「アップルミュージック」が含まれており、実は楽しみにしていたのだ。 ミュ…

笑顔は平和の素

空気が綺麗なのか最近川岸を歩く人が多い。特に多い時間帯は6時頃である。犬を連れた人、ご夫婦で、女性連れで、しかし多くは黙々と歩く男性だ。途中に野球グラウンドがあるので、子供達も土手で素振りをしていることもある。 すれ違い様、ほとんどの人は挨…

金田正一

歴史に残る大投手、数々の記録を野球界に残している。豪放磊落で声も身体も大きく、久しぶりに先日の日曜日のTVに出演しているのを見た。すでに81歳との事。 今の子達はサッカー少年が多いだろうが、僕たちの子供の頃は殆どが野球少年。東中野の小学校2年生…

慈悲は二重の福がある

「ヴェニスの商人」でアントーニオの商船が難破、アントーニオは借金返済の当てがなくなる。彼に恨みを持っていたシャイロックは、証文をたてに彼を罠に陥れようとします。 「期限までに金が返せない時は、アントーニオの身体から肉1ポンドをもらい受ける。…

医薬分業

1997年厚生省が推進させた「医薬分業」制度は、昨日規制改革会議の答申にて一部の緩和が実施されそうだ。ここ数年医者に通う事が多くなり、先生に処方箋を書いてもらい、薬局へ行くのだが正直面倒な事もある。特に病院と隣接している薬局での薬剤師との応対…

ハーモニー

20 FEET FROM STARDOMのビデオを観る。邦題「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」はスターとしてのセンターをとるのに、彼女たちの位置からたった6フィートと言う、悲哀やサクセスのドキュメンタリー映画。ハーモニーが好きな自分は、この映画でバックコー…

安全保障関連法案について一人の庶民の意見

海外旅行した際パスポートの表表紙の裏に書いてある「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ・・・」と他国に保護を依頼しているその担保は何か? 日本政府はその依頼ができそうもない国に対しては、渡航禁止や注意の措置をとっているが。 た…

青春

軽井沢の追分のそば屋のトイレにこの「青春」の詩が貼ってあった。一時流行り、年月が経ち、自分もそのような歳になり、ことさらこの「青春」がトイレの中だけにかぐわしい。 Samuel Ullman の直訳した詩の中にはこのような節がある。 人は信念と共に若く 疑…

東京府から東京都へ

大阪で二重行政の是正を目的に、大阪府と大阪市を統合し大阪都への住民投票が行われた。ご存知のとおり僅差により統合は廃案となった。 一方、東京都は東京府と東京市の二重行政是正のため昭和18年改訂された。これはたまたま荒俣宏著による「江戸の幽明」の…

雑草の中に一筋の道ができる。ここは川岸の散歩道。誰かが歩いたところを、また誰かがなぞるように歩く。その繰り返しで人の肩幅分の道ができる。 ゴルフ場のホールから次のホールへ移動する机上でデザインされた道があるが、プレーヤーは都合の良いショート…

値上げ

かんぽの湯の日帰り入湯料が立て続けに値上げした。以前は大人一人400円。それを 500円。間をおかず650円にする。理由を掲載せず値上げした。何十人もいただろう常連さんが1割もいなくなった。噂によると支配人は泊り客を優先して、常連客を締め出す考えだっ…

大根

朝の散歩の帰り道、近所の方が日曜菜園(ご本人はリタイアしているので毎日)をやっており、おいしい大根ができたからと言って2本いただいた。「厚めに輪切りにして、おでんのようにして食べると美味しいよ」とのこと。 自分たちで食べるには多すぎるので、…

手段と目的

一昨日買った緑のジャケットをはおり、朝の散歩に出かけた。風もなく晴天で10分も歩かないうちに汗が出てきた。気温に合わせ衣服を調整するのだが、気温を無視して着るから汗ばむのは当然である。これは日々の行動で、目的と手段を間違えることと同じである…

待合室 (眼科の巻)

2時間近く待っている眼科クリニックの待合室。先生は一人一人丁寧に診療するが、いつ診てもらえるか受付に聞いても不確かな答え。これを「イシの疎通が悪い」と言う。ほとんどの患者は「見えずらい」で来院する。「聞きずらい」患者は耳鼻科へ。文句が「言い…